飛行機怖いのはどうにかならんもんかね・・・

今日、飛行機に乗らなければいけない。心底嫌だ。毎回乗る度にもう乗りたくないと思うんだけど、乗らざるを得ない場合だってあるわけで・・・。旅行するにしても国内なら避けようがあるけど、海外となると飛行機は必須。旅行好きで海外にも行きたいからなんとか克服したいと前々から思っていたけど、全く治らない。慣れれば大丈夫になるだろうと高をくくっても一向になれる気配もない。飛行機に乗る度にもし機長がキチガイだったらどうしよう・・・などと思う始末。どうしようもない。

 

何が嫌かって墜落と揺れ。これに尽きる。揺れは墜落を想起させるから嫌いなので実質嫌な理由は墜落の心配だけになる。こんなこと書くと飛行機は事故発生の頻度から見て「世界一安全な乗り物」だと言われるだろうと思う。そんなことは自分もわかってる。わかってるんだけど怖いのが問題なわけで。自動車、電車、徒歩あらゆる移動手段は危険なのになぜ飛行機だけこんなにも恐怖心を煽られてしまうのかというと、その原因は2つある。1つは、事故死するまでの時間の長さ。要するに、事故が起こり墜落して死ぬまでの間、尋常でない恐怖を感じつつ死ななければならないということ。一瞬で殺してくれるならまだいいけど、死ぬ寸前まで長いこと苦しまなくちゃいけないと思うと嫌になる。もう1つは、圧倒的な無力感だ。上空1万メートルで何かあってもどうしようもないし。さっき書いたように機長がおかしかったらもうどうしようもない。

 

心配する必要なんてない。こんな無駄なことを考えずにもっと他のことを考えるべきだと思われるだろうし、自分もそう思う。実際、嫌だ嫌だといいつつも本当に克服する為の努力をしてきたかと問われればはっきりと肯定できない。情報収集も不十分だろうし、だいたい時間が解決してくれるという考えが甘すぎる。

 

なので、今回はしっかり飛行機について調べてなんとか恐怖心の軽減を計ろうと考えた。本当は飛行機についての簡単な本でも読めればいいんだけど、いかんせん今日乗らないといけないのでネットでいろいろ調べてみた。

 

<飛行機恐怖症の対策>

・寝る

これはよくやろうとするんだけど、あまりに緊張していて寝れた試しがない。乗る前までは眠くても乗って離陸するときにはなぜか眠気も吹き飛んでしまう。自分にはあってないのかな?

 

・自分の世界に入り込む

これもやってた。音楽聞いたり、映画観たりして気を紛らわせるのは結構効果があったけど、揺れるともうそれどころじゃなくなるんだよな。Oasisの「LIve Forever」をリピートしながら大丈夫だと心のなかで唱えてたのは今思え返すとかなり滑稽。

 

・恐怖の理由によって最適な座席を選ぶ

1.高所恐怖症の場合は【通路側】でなるべく外の景色を見ないようにする。

2.揺れなどが怖い場合は【前側】。飛行機は後ろ側になるほど揺れが大きくなる。

 出来る限り前側を選ぶと揺れが少ない。

3.閉所恐怖症の場合は【窓側】。外を見て気を紛らわしましょう。

 

今回はもう遅いけど、次回からは参考にしよう。

 

・全身の力を抜く

怖いからといって足を踏ん張っていると飛行機の揺れがもろに伝わり逆効果。足を少し上げるようにして全身の力を抜き座席に体を預ける。これだけで体に伝わるゆれはだいぶ軽減できる。

 

これもやろうと努力するんだけど力入っちゃうんだよな。ジェットコースターにもあてはまるけど力抜けてる方が怖くないのはわかってんのよ。でも無理なのよ・・・。

 

・計算する

飛行機に関する確率はたくさんあった。

 

・たいていの航空会社の場合、もし仮に飛行機に毎日乗り続けたとして、

 事故に遭う確率は数百年に1回。ディスカバリーチャンネルによる438

 年に1回。

 

・米国1国の車による1年間だけの死者の数でも、ライト兄弟が初飛行に

 成功して以来の航空機事故の死者よりも多い。

 

・空港に向う間に交通事故で死ぬ確率の方が、飛行機事故で死ぬ確率より

 も高い。

 

・1983年から2000年の間に発生した商業用飛行機事故を調べた所、事故

 に巻き込まれた人達の実に95.7パーセントが生き延びている。

 

・2000年以降だと墜落した民間旅客機は0。なので、日本国内かつ短期間

 な統計では確率は0%。

 

あと乱気流が直接の原因になった墜落事故もまずないらしい。大きく揺れても墜落の心配することはないんだと。確率知ったところで怖さには関係ないと書いたけど、なんか安心してきたぞ。乗るときになったらまた怖がってそうだけど。

 

・人を信じる

飛行機が苦手な人には、おそらく「自分の力がまったく及ばない状況」に恐怖を感じる習性があると思われます。もちろん電車やタクシーも、運転を人に任せるという点では同じなのですが、やはり飛行機は特殊な乗り物です。第一、どうやって操縦しているのかが素人には分かりませんし、おまけにコックピットも座席からまったく見えません。このような状況に不安を覚え、「本当に大丈夫なのか!?」と思ってしまうのもある意味では仕方ないといえるでしょう。しかも事故が起きたら、電車やタクシーでは最悪の場合、自力で外に逃げ出すという手段を取れますが、飛行機ではそれもできません。乗ってしまったら最後、パイロットに自分の命を丸ごと預けるしかない-これが飛行機恐怖症の人の深層心理にある大きな恐怖感の一つです。

 

対策としては、

 

パイロットや整備士の仕事内容を紹介した本や、彼らが書いたエッセイなどを読んでみることです。「こんなふうに働いているんだ」ということが分かるだけでも、見えない人間に操られているかのような不安感を少し払拭することができるでしょう。ちなみに日本ではパイロットはもちろんのこと、航空整備士として就職するのも非常に狭き門です。もちろん資格をとるだけでも大変ですから、私たちが思う以上に優秀な人々だと考えて間違いありません。

 

引用 : 飛行機恐怖症を克服するためのヒント~大丈夫!飛行機は落ちません

 

 

わかってたけど書いてある通りにするしかないね。とにかく本読んで飛行機について知ろうと思う。

 

・運命を受け入れる

上に書いてある通り、確率はとてつもなく低いのでまず飛行機で死ぬことはないと考えてもよさそう。もし事故にあおうもんならそれは運命だったんだと納得するのが1番楽なんだと。そう考えられればいいんだけどね。そりゃ不慮の事故なんて想定してたら楽しく生きられないのは当たり前だからさ。

 

・薬に頼る

抗不安薬、精神安定薬、睡眠薬などを処方してもらう。最終手段ですな。

 

 

 

もちろん上に書いたことは全部実行するけど、やっぱり1番楽なのは運命を受け入れることだと思うんだよ。どうしたらいいんだろ。仏教書でも読むか。