飛行機・乱気流・緊急着陸


乱気流「死ぬかと思った」 成田緊急着陸の乗客:朝日新聞デジタル

国土交通省成田空港事務所によると、緊急着陸したのは韓国・仁川発米ダラス行きアメリカン航空280便のボーイング777―200型機(乗客・乗員255人)。16日午後6時15分に仁川を出発。石川県小松市茨城県大子町を結ぶ航空路を飛行中だった同7時半~40分ごろ、高度約8230メートルで乱気流に巻き込まれた。同8時半ごろ、成田空港の東北東約1300キロの太平洋上で着陸を決定。17日午前0時55分ごろ、成田空港に緊急着陸した。

 着陸後、韓国籍の会社員男性(32)は「急降下し、死ぬかと思った。みんな大声を出し、乗務員が引くカートが当たってけがをした人もいた」と証言。家族と搭乗していた米国籍の少年(15)は「機体が上下動を繰り返し、食事を運ぶカートが宙に浮いていた」、韓国籍の男性(25)は「経験のない揺れで、機内はパニックになった」と話した。

 

Turbulence hits American Airlines flight 280, Dec 16 ...

 

今月末に福岡に飛行機で行くというのに、嫌なニュースを見てしまった。乱気流程度では落ちないと分かっていても怖い。飛行機に乗る度寿命が縮むような思いをしてるような気がする。特に何かあったというわけじゃなくて勝手に自分が心配してるだけなんだけど。

 

飛行機に乗る前は毎回同じようなこと言ってる気がする。


飛行機怖いのはどうにかならんもんかね・・・ - @umenoma

これとか。

 

飛行機に乗る前はいつも自分がやりたくてもやれてないことを頭に思い浮かべる。「あれをやっておけばよかった、これをやっておけばよかった。」と後悔しつつ、当然のことながら無事に到着する。そして、乗る前に考えてたやれてないことのいくつかを実際にやる。毎回この繰り返しだ。

 

見方によっては自分のしたいことを整理できていいのかもしれない。まあでも、そんなこと日常的にやればいいだけで、飛行機に頼る必要ないんだけどね。

 

ただの意気地なしの話でした。